「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Evergreen Blvd.

nelifekate.exblog.jp

終わり

FBで気軽に更新し始めてから、随分とこちらを放置してしまいました。

まだNYに引っ越して半年と言うのに、今度は彼の仕事でまたまた引っ越しする事になりました。
後1ヶ月弱で新しい生活が始まります。
この引っ越しの後は、暫く引っ越しはないでしょう(←そう願ってます(笑))

また落ち着いたら新しくブログを始めるか、、、、は「?」ですが、こちらのブログはこれで終わりに致します。
長く覗きに来て下さっていた皆様、本当に有り難うございました。
[PR]
# by newenglandlife | 2013-09-09 21:56

NY生活スタート

b0192572_11244578.jpg

かなり間が開きましたが、既に東海岸に引っ越しております。
家具の殆どを処分したのですが、日本から持って帰って来たベッドだけは手放せなかった!
主人が飛行機で来てくれ、車の後ろにレンタルトレーラーを繋げ、二人でアメリカ横断しました。

一度新居で一泊し、その後はマサチューセッツの自宅に家具を取りに行き、先日土曜日の夜にまた新居に戻って来ました。
まだまだ家の中はバラバラですが、とにかく主人とZenと一緒に住める様になった事が本当に良かった。(ただ、ご近所のお友達と離れてしまった事が本当に悲しい)

b0192572_11312939.jpg

こちらの前を歩いて出勤しています。(…と言っても今日でまだ2日目ですが(笑))
まだまだ出勤しながら「観光」している感じではありますが、徐々にこちらでの生活にも慣れて楽しめる様になれたらな〜と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by newenglandlife | 2013-03-20 11:36

アメリカで仕事探し3.面接と反応

面接当日、アムトラックに乗ってNYCまで行きました。
雪で電車が遅れると困るので、随分と早朝の電車に乗り、時間より3時間も早く到着。
ウォールストリートを歩いてみたり、一人でランチをしたり、でも落ち着かない!!!!

さていよいよ面接です。
まあまあ上手く行ったと思ったのですが、最後にテストが。。。。出来はというと多分70点くらいでしょうか?
う〜ん、ダメだったかも。。。。
その後は人材紹介会社AのKさんのオフィスまで伺い、面接内容、試験の出来を伝え、今後の事についても話し合いました。
Kさんは相変わらずポジティブで、「あなたの経歴ならNYに住んでいれば必ず仕事は見つかる!今の仕事を辞めてNYに引っ越す事も考えてみては?実は今も絶対に決まると思うお仕事はあるのよ。でも、そこに決めるにはまだ早いから紹介しないの。違う会社にチャレンジして欲しいの」と。

Kさんの言葉は凄く嬉しかったものの、仕事を辞めてNYに引っ越す自信はありません。
でも確かに面接して頂いた会社の方々も、私が西海岸側に住んでいる事と主人がNYではない東海岸に住んでいる事をとにかく気になさっていました。

NYで美味しい物でも食べて帰りたかったのに、反省だらけ(少々落ち込んでいた)で結局予定より早い時間の電車に乗り帰りました。

翌朝、Kさんから電話を頂きました。
「とりあえず今の所1番良いcandidateだと先方はおっしゃってますよ。でも、後2週間は他のcandidateにも会う予定があるらしいから、返事があり次第連絡しますね。」
そうおっしゃって下さって、とても嬉しかったのです。
テストだって恥ずかしい様な出来だったのではないか、、、とずっと気になってましたから、とりあえずご紹介下さったKさんに恥をかかせる結果にならなくて良かったと安心しました。

後は2週間後以降にどのようなお返事が頂けるか。。。。です。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by newenglandlife | 2013-02-28 23:25

アメリカで仕事探し2.心は正直

面接が決まっても、モヤモヤ。
態々東海岸まで行く必要があるのか、、、、とさえ思える。
担当者のFさんに電話し、本心を話す事にしました。
Fさんは小さな会社だから色んな仕事が出来る等、メリットを話して下さるのだけどやはり気乗りしない。
それで、最終的には「もしホリデー休暇にボストンに行かれるのでしたら、その際についでにNYまで行って面接を受けるのはどうですか?それも嫌でしょうか?」とおっしゃるFさんに、「それなら。。。」とお返事しました。

そして、再度面接日が決まりました。

…が、実際ボストンへ行っても「面接に行くのが億劫」「お金と時間を使ってNYに面接に行って、仕事が決まっても結局就職する気がないのなら、お金も時間も無駄だな〜」とさえ思え、Fさんに電話をしたのですが、私の説明が悪かった為(折角仕事を紹介して下さったのに、また「金融ではないし、やっぱり小さな会社だから。。。」と同じ理由を言うのが申し訳ない気持ちがあり、遠回しにお断りしたのです)、Fさんは「暫く様子をみましょうか」とお返事を下さいました。

その翌日、金融に強い人材紹介会社AのKさんから連絡がありました。
Kさんは、11月にお電話でお話した時に、「あなたの経歴なら絶対に仕事は決まりますよ。日系企業は1月〜3月に募集する事が多いので、1月にまたご連絡しますね。」とハッキリおっしゃって下さった方で、凄く波長が合ったのです。
そして凄く興味がある仕事の紹介だったので、すんなり「先に進めて下さい」と言えました。
先方に履歴書を見て頂き、Kさんから再度「面接に行けますか?」と連絡があり、2日後にはNYまで一人で行きました。
(Fさんにご紹介頂いた)先方が大変乗り気でいて下さり、決まる可能性が高い会社へは面接にさえ行きたいと思えなかったのに、1回目の面接でどうなるか不安なのにNYに直ぐに出掛ける自分自身に、まるで他人事の様に「心は正直だな」と思いました。

さて、いよいよNYで金融業界に戻る為の1社目の面接の始まりです。

つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by newenglandlife | 2013-02-27 14:01

アメリカで仕事探し1.落ち込みと迷い

私が会社員(金融)として働いていたのは、もう5年も前の事になります。
その5年間に香港へ期間限定の引っ越し、東京に戻り学生に、そしてアメリカ・マサチューセッツ州へ引っ越し。そしてここバンクーバーへの引っ越し。
専業主婦になるとストレスが溜まって仕方がない性格な為、MAからバンクーバーへ引っ越して来て、環境にも慣れ落ち着いて来た昨年の3月頃に就職活動をスタートする事にしました。

そこでネット検索しシアトルの人材紹介会社に連絡を取ったのですが、「日本で商社等で働いた経験がある方にはお仕事は沢山あるのですが、ポートランドには日系金融はありませんから、あなたに紹介出来る仕事は少ないですね。紹介するとすれば◯◯の様なポジションになりますが、それもどうかな。。。。また連絡しますね。」とおっしゃったまま、二度と連絡が来る事はありませんでした。
長いブランクがあったので、「私に出来る仕事は無いのか、、、」とそれはそれはショックな出来事でした。

そしてその後自力で今の会社に就職した訳ですが、、、部署がずっと居心地が悪く、しっくり来なかったというのが正直なところ。
今まで働いて来た会社とは明らかに違う。
自分の考えを主張した際に、「I can tell you worked in finance before」と言われた時には、頭の中が真っ白になりました。

そんな時、家庭の事情で東海岸に引っ越したい、そして金融業界へ戻りたいと思い、11月上旬から再び就職活動を始めました。
友達にNYCの人材紹介会社を教えてもらったり、ネットで調べたりして、5社にメールを送りました。そのうち、連絡が来たのが4社。4社と言っても、1社は直接の連絡はなく、登録者へ新しい仕事情報が一斉送信される、それが来ただけでした。
実際に連絡が来た3社は、1社が金融に強く(人材紹介会社A)、もう1社(人材紹介会社B)がそれなりに金融に強い。1社は金融とは殆どビジネスのない会社(人材紹介会社C)でしたが、人材紹介会社Cから積極的に仕事紹介が来た為、受けてみる事にしました。
営業の仕事で月の半分は出張が入る仕事でした。
電話でのインタビュー後、直ぐに次の面接の連絡が来ましたが、何故か心の中ですっきりしない。
私は金融に戻りたかったのでは?
今まで大手で働いた経験しかないのに、名前も知らない会社の子会社で働いて行けるのか?
気乗りしない自分に気付きながらも、シアトルの人材紹介会社から見捨てられたショックを少しだけ引きずっていたので、とにかく話を先に進める事に。
そんな訳で、NYでの面接の日が決まりました。

つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by newenglandlife | 2013-02-26 15:34