ブログトップ

Evergreen Blvd.

nelifekate.exblog.jp

アメリカで仕事探し1.落ち込みと迷い

私が会社員(金融)として働いていたのは、もう5年も前の事になります。
その5年間に香港へ期間限定の引っ越し、東京に戻り学生に、そしてアメリカ・マサチューセッツ州へ引っ越し。そしてここバンクーバーへの引っ越し。
専業主婦になるとストレスが溜まって仕方がない性格な為、MAからバンクーバーへ引っ越して来て、環境にも慣れ落ち着いて来た昨年の3月頃に就職活動をスタートする事にしました。

そこでネット検索しシアトルの人材紹介会社に連絡を取ったのですが、「日本で商社等で働いた経験がある方にはお仕事は沢山あるのですが、ポートランドには日系金融はありませんから、あなたに紹介出来る仕事は少ないですね。紹介するとすれば◯◯の様なポジションになりますが、それもどうかな。。。。また連絡しますね。」とおっしゃったまま、二度と連絡が来る事はありませんでした。
長いブランクがあったので、「私に出来る仕事は無いのか、、、」とそれはそれはショックな出来事でした。

そしてその後自力で今の会社に就職した訳ですが、、、部署がずっと居心地が悪く、しっくり来なかったというのが正直なところ。
今まで働いて来た会社とは明らかに違う。
自分の考えを主張した際に、「I can tell you worked in finance before」と言われた時には、頭の中が真っ白になりました。

そんな時、家庭の事情で東海岸に引っ越したい、そして金融業界へ戻りたいと思い、11月上旬から再び就職活動を始めました。
友達にNYCの人材紹介会社を教えてもらったり、ネットで調べたりして、5社にメールを送りました。そのうち、連絡が来たのが4社。4社と言っても、1社は直接の連絡はなく、登録者へ新しい仕事情報が一斉送信される、それが来ただけでした。
実際に連絡が来た3社は、1社が金融に強く(人材紹介会社A)、もう1社(人材紹介会社B)がそれなりに金融に強い。1社は金融とは殆どビジネスのない会社(人材紹介会社C)でしたが、人材紹介会社Cから積極的に仕事紹介が来た為、受けてみる事にしました。
営業の仕事で月の半分は出張が入る仕事でした。
電話でのインタビュー後、直ぐに次の面接の連絡が来ましたが、何故か心の中ですっきりしない。
私は金融に戻りたかったのでは?
今まで大手で働いた経験しかないのに、名前も知らない会社の子会社で働いて行けるのか?
気乗りしない自分に気付きながらも、シアトルの人材紹介会社から見捨てられたショックを少しだけ引きずっていたので、とにかく話を先に進める事に。
そんな訳で、NYでの面接の日が決まりました。

つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
[PR]
by newenglandlife | 2013-02-26 15:34
<< アメリカで仕事探し2.心は正直 ご報告ーお引っ越し >>